中央研究所の概要

ヤクルト中央研究所は、
「予防医学にもとづき、有用微生物を利用して、生体調節機能をもった食品、医薬品、化粧品の開発を通じて企業理念の実現を果たす。」をテーマとし、
ヤクルトグループの企業理念である「生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。」の実現を目指します。

ヤクルト本社中央研究所

設立
1955年4月(代田研究所としてスタート)
所在地
東京都国立市泉5丁目11番地

主な研究内容・分野
人の健康維持・増進・回復に役立つ食品・化粧品・医薬品の素材開発と利用の研究。
それを支える微生物学、栄養学、生理学、免疫学、生化学、生物工学、有機化学、発酵工学、天然物化学、薬学、分析化学
ヤクルト中央研究所パンフレットはこちら

ヤクルトDNA -代田 稔と代田イズム-

 昭和5年、医学博士の代田 稔は、京都帝国大学医学部微生物学教室で、ヒトの健康に役立つ乳酸菌の強化培養に世界で初めて成功。この菌は、代田の名をとって「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」と名付けられました。

 代田が乳酸菌を予防医学に役立てるための研究を始めた当時は、治療医学全盛の時代で、医学の分野での微生物研究は、まだ黎明期にありました。「シロタ株」の取得に成功したのは、ロシアのノーベル賞学者メチニコフによってヨーグルトの不老長寿説が発表されてから27年後のことでした。代田の研究とその成果は、予防医学の先駆けであったといえます。

 代田は、病気にかからないための医学(予防医学)、腸を丈夫にして健康に長生きすること(健腸長寿)、「誰もが手に入れられる価格で」という考えを研究活動の原点としました。この哲学は「代田イズム」として、中央研究所の研究開発活動に継承されています。近年一般にもその言葉が知られつつある、微生物との共生を意味する「プロバイオティクス」の考え方は、有用微生物の働きで腸内の有害菌の増殖を抑え、腸の健康を維持して病気を予防しようとする「代田イズム」そのものです。

 当研究所は、このプロバイオティクス分野の最先端研究機関として、その研究をさらに進歩・発展させ、人々の健康に寄与するため、生命科学を追究していきます。

代田教授.jpg

研究所の沿革

1930

  • 代田 稔博士が、人の健康に役立つ乳酸桿菌(現在のL. カゼイ・シロタ株)の強化培養に成功

1935

  • 「ヤクルト」の製造・販売拠点として、ヤクルト研究所を福岡に設立
    [同年11月、代田保護菌研究所と改称(正式創業)]

1938

  • 「ヤクルト」の商標を登録

1955

  • 株式会社ヤクルト本社設立
  • 京都に代田研究所を設立

1967

B-0_P02.jpg

  • 東京都国立市に研究拠点を移転(のちの中央研究所)

1976

  • 研究所に分析センターを開設

1985

B-0_P03.jpg

  • 新研究棟(のちの南館)および安全性試験研究施設を増設

1992

B-0_P04.jpg

  • 腸内フローラ研究棟および図書厚生棟を増設

2005

  • ベルギーにヤクルト本社ヨーロッパ研究所を設立

2006
2010

  • 第1期新研究所建設工事(食品研究棟などを新設)

2012
2015

  • 第2期新研究所建設工事(研究管理棟、医薬品・化粧品研究棟、品質・技術開発棟、基礎研究棟を新設)

2016

  • 新研究所 完成

>>研究所の成果の詳細を見る