健康用語の基礎知識

今、気になる健康用語

INDEX - 索引

[あ行]
アルコール性肝障害
RT-PCR
α-グルコシダーゼ阻害
アレルギー
アンチエイジング
アンチバイオティクス
アントシアニン
萎縮性胃炎
イソフラボン
遺伝子変異
胃不定愁訴
インスリン抵抗性
院内感染
インフルエンザ
ウレアブレステスト(尿素呼気試験)
エコール
NST(Nutrition Support Team)
NK細胞
MRSA
塩酸イリノテカン
炎症性腸疾患
オキサリプラチン
[か行]
過敏性腸症候群
ガラクトオリゴ糖
がん幹細胞
環境ホルモン
感染性合併症
GABA(γ-アミノ酪酸)
機能性消化管障害
機能性ディスペプシア
強化培養
共生、宿主
グァバ葉ポリフェノール
クロレラ
ゲノム解析
下痢
抗菌ペプチド
高血圧
抗酸化
抗生物質(抗菌薬)耐性菌
コルチゾール
コレステロール
[さ行]
SIRS
SARS
細胞壁多糖
自己免疫疾患
脂質異常症(高脂血症)
歯周病
自然免疫
樹状細胞
硝化細菌
上気道感染症(かぜ症候群)
食中毒
食物繊維
シンバイオティクス
整腸作用
セグメント細菌
染色体異常
前立腺がん
[た行]
大腸がん
大腸ポリープ
多剤耐性菌
多糖 -ペプチドグリカン複合体
短鎖脂肪酸
胆道がん
胆汁酸
腸管出血性大腸菌
腸管免疫
腸内常在菌
腸内フローラ
T細胞
低出生体重児
適応(獲得)免疫
糖代謝異常
豆乳・発酵豆乳
糖尿病
TOSムピロシン培地
Toll様受容体
トランスグルタミナーゼ
[な行]
難培養菌
乳がん
乳酸菌
脳腸相関
ノロウイルス
[は行]
敗血症
バクテリアルトランスロケーション
肌の老化
ヒアルロン酸
B細胞
PCR
微生物の垂直伝播
微生物の水平伝播
ビフィズス菌
皮膚バリア機能
肥満
表在性膀胱がん
日和見感染症
ピロリ菌
フェノール類
フコイダン
プラセボ
ブリストル便性状スケール(BSスコア)
プレバイオティクス
プロテオーム
プロバイオティクス
ペプシノゲン
便秘
放射能
ポストゲノム
ホスファチジルセリン
[ま行]
マイクロアレイ
マクロファージ
メタボリックシンドローム
免疫
モノクローナル抗体
[や行]
薬物相互作用
予防医学
[ら行]
ラメラ構造脂質
[わ行]

腸管免疫

 私たちの腸管は、食物を消化・吸収する器官であると同時に巨大な免疫器官でもあります。腸管は内臓器官ですが、その両端に位置する口腔と肛門を介して外界と接しています。腸管の表面積はテニスコート1面分にも達し、体表面積の100倍以上であると推定されています。従って、腸管は内なる外界であり、腸管粘膜は、細菌、ウイルス、寄生虫や化学物質などのさまざまな異物に絶えず曝されています。これらの異物から身を守るために発達した仕組みが腸管免疫系です。また、食事を摂ることによって腸管から吸収される栄養素への過剰な応答を抑えることも腸管免疫系の重要な役割です。

 腸管免疫系は、1)パイエル板などのリンパ組織、2)粘膜上皮細胞とその間の免疫担当細胞、3)上皮の内側にある粘膜固有層の免疫担当細胞から構成されています。また、腸管に分布する神経や消化管ホルモンなども腸管免疫系の一部として働いていることが明らかになっています。腸管免疫系では、これらの因子が協力して働くことにより自然免疫系(顆粒球やマクロファージなど)や適応(獲得)免疫系(T細胞やB細胞など)が活性化され、さまざまな病原体の攻撃から生体を守るために役立っていると考えられています。

“腸管免疫”の関心度

「腸管免疫」の関心度を過去90日間のページビューを元に集計しています。

3か月前

今日

関連論文

TITLE Physiological Function of Intestinal Immune System タイトル 腸管免疫の特性
AUTHOR Masanobu Nanno, Hiromichi Ishikawa* 著者 南野 昌信・石川 博通*
JOURNAL Allergology and Immunology Vol.10(4), 41-46, 2003 機関誌 アレルギー・免疫 Vol.10(4), 41-46, 2003
YEAR 2003 CATEGORY 基盤研究/BASIC 
LANGUAGE JPN VIEW

健康用語関心度ランキング