健康用語の基礎知識

今、気になる健康用語

INDEX - 索引

[あ行]
アルコール性肝障害
RT-PCR
α-グルコシダーゼ阻害
アレルギー
アンチエイジング
アンチバイオティクス
アントシアニン
萎縮性胃炎
イソフラボン
遺伝子変異
胃不定愁訴
インスリン抵抗性
院内感染
インフルエンザ
ウレアブレステスト(尿素呼気試験)
エコール
NST(Nutrition Support Team)
NK細胞
MRSA
塩酸イリノテカン
炎症性腸疾患
オキサリプラチン
[か行]
過敏性腸症候群
ガラクトオリゴ糖
がん幹細胞
環境ホルモン
感染性合併症
GABA(γ-アミノ酪酸)
機能性消化管障害
機能性ディスペプシア
強化培養
共生、宿主
グァバ葉ポリフェノール
クロレラ
ゲノム解析
下痢
抗菌ペプチド
高血圧
抗酸化
抗生物質(抗菌薬)耐性菌
コルチゾール
コレステロール
[さ行]
SIRS
SARS
細胞壁多糖
自己免疫疾患
脂質異常症(高脂血症)
歯周病
自然免疫
樹状細胞
硝化細菌
上気道感染症(かぜ症候群)
食中毒
食物繊維
シンバイオティクス
整腸作用
セグメント細菌
染色体異常
前立腺がん
[た行]
大腸がん
大腸ポリープ
多剤耐性菌
多糖 -ペプチドグリカン複合体
短鎖脂肪酸
胆道がん
胆汁酸
腸管出血性大腸菌
腸管免疫
腸内常在菌
腸内フローラ
T細胞
低出生体重児
適応(獲得)免疫
糖代謝異常
豆乳・発酵豆乳
糖尿病
TOSムピロシン培地
Toll様受容体
トランスグルタミナーゼ
[な行]
難培養菌
乳がん
乳酸菌
脳腸相関
ノロウイルス
[は行]
敗血症
バクテリアルトランスロケーション
肌の老化
ヒアルロン酸
B細胞
PCR
微生物の垂直伝播
微生物の水平伝播
ビフィズス菌
皮膚バリア機能
肥満
表在性膀胱がん
日和見感染症
ピロリ菌
フェノール類
フコイダン
プラセボ
ブリストル便性状スケール(BSスコア)
プレバイオティクス
プロテオーム
プロバイオティクス
ペプシノゲン
便秘
放射能
ポストゲノム
ホスファチジルセリン
[ま行]
マイクロアレイ
マクロファージ
メタボリックシンドローム
免疫
モノクローナル抗体
[や行]
薬物相互作用
予防医学
[ら行]
ラメラ構造脂質
[わ行]

腸管出血性大腸菌

 健常人や家畜に常在する大腸菌とは異なり、志賀毒素(1型、2型)を産生して出血を伴う大腸炎を引き起こす種類のものを腸管出血性大腸菌といいます。志賀毒素を原因とした溶血性尿毒症症候群(HUS) や脳症といった合併症を起こすことがあり、特に、乳幼児、高齢者、抵抗力の低下したヒトでは重症化しやすく、時には死に至ることもあります。本菌で汚染された食品(生肉、土の付いた野菜など)や水を介して経口感染し、保菌者の便からの2次感染も生じます。他の食中毒菌と異なり、100個程度の少量の菌数で発症してしまいますが、熱に弱いため、肉などは十分に加熱してから食べることで予防できます。

 腸管出血性大腸菌による集団食中毒は、大部分が「O157」によるものでしたが、2011年に、わが国では「O111」、ドイツをはじめヨーロッパ各国では「O104」を原因菌とする集団感染が発生し、死亡例が認められています。

“腸管出血性大腸菌”の関心度

「腸管出血性大腸菌」の関心度を過去90日間のページビューを元に集計しています。

3か月前

今日

関連論文

TITLE Inhibition of In Vitro Growth of Shiga Toxin-Producing Escherichia coli O157: H7 by Probiotic Lactobacillus Strains due to Production of Lactic Acid タイトル 乳酸産生に基づくプロバイオティクス乳酸桿菌による腸管出血性大腸菌 O157:H7 の試験管内増殖阻害作用
AUTHOR Michinaga Ogawa, Kensuke Shimizu, Koji Nomoto, Ryuichiro Tanaka, Takashi Hamabata*, Shinji Yamasaki*, Tae Takeda*, Yoshifumi Takeda* 著者 小川 道永・清水 健介・野本 康二・田中 隆一郎・浜端 崇*・山崎 伸二*・竹田 多恵*・竹田 美文*
JOURNAL International Journal of Food Microbiology Vol.68, 135-140, 2001 機関誌
YEAR 2001 CATEGORY 基盤研究/BASIC 
LANGUAGE EN VIEW
TITLE Probiotic Bifidobacteria Protect Mice from Lethal Infection with Shiga Toxin-Producing Escherichia coli O157:H7 タイトル 致死的な腸管出血性大腸菌O157:H7マウス腸管感染モデルにおける、プロバイオティクスビフィズス菌の経口投与による感染防御効果
AUTHOR TakashiAsahara, Kensuke Shimizu, Koji Nomoto, Takashi Hamabata*, AyakoOzawa*, Yoshifumi Takeda* 著者 朝原 崇・清水 健介・野本 康二・濱端 崇*・小沢 綾子*・竹田 美文*
JOURNAL Infection and Immunity Vol.72(4), 2240-2247, 2004 機関誌
YEAR 2004 CATEGORY 基盤研究/BASIC 
LANGUAGE EN VIEW

健康用語関心度ランキング