メインメニューをスキップ


ホーム / 健康用語の基礎知識 / ノロウイルス


健康用語の基礎知識

ノロウイルス

 ノロウイルスは、ヒトに感染し胃腸炎を起こすウイルスの一種です。一年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。潜伏期間は24~48時間、症状は1~2日とされています。子供や高齢者は脱水症状に注意を要します。貝類は体内にウイルスを蓄積しやすく、特にカキは生で食されるため感染源になることもあります。感染者の便や吐物には多量のウイルスが含まれていて、二次感染の防止が重要となります。消毒には85℃、1分以上の加熱や次亜塩素酸ナトリウムが有効です。治療には下痢止めなどが使われますが、ウイルスの排出を抑えて快復を遅らせるという説もあります。ワクチンはまだありません。
 1968年米国ノーウォークで発見されたため最初はノーウォークウイルス(Norwalk virus)と呼ばれていましたが、2002年からはノロウイルス(Norovirus)と名前が変わりました。この科にはノロ、サポ、ラゴ、ベシの4属があり、ヒト感染性は前2者です。ヒト感染性のものは培養系が確立されていないため、検査や治療方法に関する研究が、他のウイルスより遅れています。

関連論文

TITLE Effect of the continuous intake of probiotic-fermented milk containing Lactobacillus casei strain Shirota on fever in a mass outbreak of norovirus gastroenteritis and the faecal microflora in a health service facility for the aged
AUTHOR Satoru Nagata*, Takashi Asahara, Toshihisa Ohta, Toshihiko Yamada*, Shigemi Kondo*, Lei Bian*, Chongzin Wang*, Yuichiro Yamashiro*, Koji Nomoto
JOURNAL British Journal of Nutrition Vol.106(4), 549-556, 2011
YEAR 2011
LANGUAGE EN
CATEGORY 基盤研究/BASIC 
VIEW
[LINK]
TITLE Effect of Continuous Probiotic Fermented Milk Intake Containing Lactobacillus casei Strain Shirota on Fever in Mass Infectious Gastroenteritis Rest Home Outbreak
AUTHOR Toshihiko Yamada*, Satoru Nagata*, Shigemi Kondo*, Lei Bian*, Chongxin Wang*, Takashi Asahara, Toshihisa Ohta, Koji Nomoto, Yuichiro Yamashiro*
JOURNAL The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases Vol.83(1), 31-35, 2009
タイトル 介護老人保健施設におけるLactobacillus casei シロタ株を含有するプロバイオティクス発酵乳の継続飲用による感染性胃腸炎集団発生時の発熱反応に及ぼす影響
著者 山田 俊彦*・永田 智*・近藤 成美*・辺 蕾*・王 崇新*・朝原 崇・太田 俊久・野本 康二・山城 雄一郎*
機関誌 感染症学雑誌 Vol.83(1), 31-35, 2009
YEAR 2009
LANGUAGE JPN
CATEGORY 基盤研究/BASIC 
VIEW
 

“ノロウイルス”の関心度

過去30日間のページビューを元に集計しています。

本ページをご覧いただくには、最新のMacromedia Flash Playerプラグイン 8以上が必要です。


このページのトップへ