メインメニューをスキップ


ホーム / 健康用語の基礎知識 / トランスグルタミナーゼ


健康用語の基礎知識

トランスグルタミナーゼ

 トランスグルタミナーゼは酵素の一つであり、主にタンパク質とタンパク質をつなぎ合わせる(架橋する)活性を持ちます。微生物から哺乳類まで多種多様の生物が体内に有し、さまざまな生命活動に利用しています。ヒトにおいては癌、心筋梗塞、アルツハイマー病、小麦アレルギーなどの疾患とのかかわりも注目されています。
 この酵素のアイソタイプ(遺伝子異型)の一つであるトランスグルタミナーゼ1(TGK)は皮膚に多く存在し、架橋活性により皮膚表面の物理的強度を高めたり、保湿機能を高めたりする役割を担っています。さらに、皮膚疾患である魚鱗癬はTGK遺伝子の異常が大きな原因の一つであることが知られ、健常な皮膚形成(表皮細胞の増殖・分化)とのかかわりも注目されています。また近年、ラメラ構造脂質にTGKの活性を正常化する効果があることが示され、ラメラ構造脂質外用による高いスキンケア効果のメカニズムの一つとして、詳細の解明が期待されています。

関連論文

TITLE Development of Lamellar Vesicles for Total Epidermal Care Through the Activation of Transglutaminase 1
AUTHOR Ryoko Iizuka, Toshiro Sone, Katsuyoshi Chiba
JOURNAL FRAGRANCE JOURNAL Vol.31(7), 60-65, 2003
タイトル ラメラ構造脂質の新展開−角層ケアから表皮全体のケアへ−
著者 飯塚 量子・曽根 俊郎・千葉 勝由
機関誌 フレグランスジャーナル Vol.31(7), 60-65, 2003
YEAR 2003
LANGUAGE JPN
CATEGORY 化粧品/COSMETICS 
VIEW
 
TITLE A Novel Approach for the Detection of Proteolytically Activated Transglutaminase1 in Epidermis Using Cleavage Site-Directed Antibodies
AUTHOR Ryoko Iizuka, Katsuyoshi Chiba, Shinobu Imajoh-Ohmi*
JOURNAL The Journal of Investigative Dermatology Vol.121(3), 457-464, 2003
タイトル 切断部位特異抗体を用いた表皮中のTransglutaminase 1 活性化の検出
著者 飯塚 量子・千葉 勝由・大海 忍*
機関誌
YEAR 2003
LANGUAGE EN
CATEGORY 化粧品/COSMETICS 
VIEW
[LINK]

“トランスグルタミナーゼ”の関心度

過去30日間のページビューを元に集計しています。

本ページをご覧いただくには、最新のMacromedia Flash Playerプラグイン 8以上が必要です。


このページのトップへ