分析試験研究所

高い分析技術により、安全・安心な品質を支え、信頼につなげる

分析試験研究所では、精度の高い自社の測定技術を用いて、
商品の安全・安心の保証ならびに研究開発のサポートを行っています。

研究領域

品質・安全の維持: 残留・混入物分析 機能性成分の動態解析
証明事業: 環境計量証明等
微生物試験: 微生物検査 腸内フローラ解析 遺伝子解析
環境保全: ヤクルト容器利用水浄化システムの普及

安全・安心で高品質な商品を保証する

 食品は誰にでも安全なものでなくてはなりません。そのような商品をお客さまへ提供するために、製造から流通・販売に至るすべてのステップで品質に影響を与えるさまざまな要因を分析し、ヤクルトグループの目指す「安全・安心」を支えています。

C-8_P01.jpg
フーリエ変換核磁気共鳴装置(FT-NMR)

研究開発を支える

 高度な技術を用いて有効成分の定量ならびに体内動態などの測定を行うことによって、商品の有効性に関わる品質を確認しています。さらに、極微量な成分を検出・定量できる技術を開発・保有し、その精度を高める努力を続けています。

 また、微生物の領域においては、長年培った培養技術はもとより、独自に開発した腸内フローラ解析システム(YIF-SCAN®)を応用し、より詳細に腸内フローラを解析することにより、臨床現場におけるプロバイオティクスやシンバイオティクス療法の効果検証なども行っています。

精度の高い測定技術を通じて環境を守る

 分析試験研究所は、ISO/IEC17025認定試験所、ならびに計量証明事業所をはじめとする国や自治体の許認可を得た事業所であり、分析値への高い信頼性が保持された分析機関です。中央研究所や工場など、ヤクルトグループの事業活動による環境影響を監視・評価するための各種環境測定を行うだけではなく、官公庁や民間からの依頼による受託分析も実施しています。
※認定範囲:ヘッドスペース-ガスクロマトグラフ質量分析計による上水中の揮発性有機化合物(VOC)試験

C-8_P02.jpg
自動分析装置オートアナライザー
環境化学分野、産業分野など広範囲かつ多項目に及ぶ分析が可能
C-8_P03.jpg
高速液体クロマトグラフ(HPLC)
C-8_P04.jpg
ガスクロマトグラフ-タンデム型質量分析計(GC-MS/MS)
C-8_P05.jpg
高速液体クロマトグラフ-タンデム型質量分析計(LC-MS/MS)
C-8_P06.jpg
原子吸光光度計(AAS)

検出くん・スピラくん技術資料

「検出くん」の技術資料はこちら                   「スピラくん」の技術資料はこちら
(※下水試験方法で採用)

C-8_P07.jpg
検出くん
C-8_P08.jpg
スピラくん

ヤクルトA&G水浄化システム

ヤクルト容器の特殊な形状が産業廃水や生活排水の高度浄化に役立つとして、当社の工場や各地の排水処理施設、汚れた河川や池で利用され、水質改善に成果を上げています。
底を抜いたヤクルト容器をろ材として使用しています。
河川や湖沼などの水には自ら浄化する能力が備わっています。この作用の一端を担っているのは水中に生息する種々の微生物です。
微生物は水の汚れの原因物質を栄養分として取り込み、分解することで水を浄化してくれています。そのため、汚水を生物処理するためのポイントはまず微生物を繁殖させること。そして繁殖させた微生物を健康体(活性化)に保つことです。
ヤクルトA&G水浄化システムは、それらの実現を目指す上で、形状と材質ですぐれており効果的な浄化が望めるとして『ヤクルト容器』をろ材として採用しました。
さらに独自の充填方法により、微生物の捕捉性と保持性を向上させました。これまでにも生活排水はもとより、産業廃水、河川、湖沼、海水などの浄化にすばらしい成果をあげています。
詳しい情報はこちら

C-8_P09.jpg
ヤクルトろ材を使った水浄化システムの基本フロー
C-8_P10.jpg
ろ材となる『ヤクルト容器』

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
(受付時間 9:00~17:30/土日祝日除く)

受託分析・試験事業
TEL 042-577-8963  FAX 042-573-8608

ヤクルト本社中央研究所附属分析センター