ヨーロッパ研究所

ヤクルトグループのグローバルな研究開発の拠点として、2005年ヨーロッパのベルギー・ゲントに設立。
海外での治験データ収集やヨーロッパの人々に対する当社製品の飲用効果を検証し、
腸内フローラや腸管機能に対する有用性について研究しています。
またさまざまな国での規制等に対応し、ヤクルトグループのグローバル展開をサポートします。

世界への架け橋となる新たな拠点

 ヤクルト本社は、2005年5月にベルギー王国ゲント市に研究拠点(ヤクルト本社ヨーロッパ研究所)を設立しました。
ヨーロッパは、プロバイオティクスの概念が生まれた地。この地でプロバイオティクスのリーディングカンパニーとしての地位を更に強固なものにするための研究活動を行うことが目的です。

 ヨーロッパにおける、当社プロバイオティクス製品の飲用効果の科学的実証を重ねるため、腸内フローラの改善をはじめとする整腸作用の検証を中心に研究を進めています。これら研究データの蓄積により、ヨーロッパ地域だけでなく、アメリカ・アジア地域を含めたグローバルな事業展開への研究基盤を確立することを目指します。

 ヨーロッパ研究所ならびにヨーロッパ地域のヤクルトグループが一体となり、当社プロバイオティクスの有効性を広めるために精力的な活動を展開しています。

ヤクルト本社 ヨーロッパ研究所
ヤクルト本社 ヨーロッパ研究所(ベルギー・ゲント市)
テクノロジーパーク内 バイオインキュベーター外観
※ヨーロッパ研究所は、同館1階に設置されています。

ヤクルト初の海外研究機関

 ヨーロッパ研究所は、ゲント市の郊外にあるバイオインキュベーター(バイオ関連企業の集合施設)の一角にあります。周囲は閑静な住宅街で、研究活動に取り組むのに恵まれた環境です。

 ヨーロッパでは2007年よりEU全域で適用されるヘルスクレーム法(食品の機能表示に関する制度)が施行されており、当社ではその対応の一環として、ヨーロッパ人に対する当社乳製品の飲用試験を実施し、腸内フローラの解析や整腸作用等に関する研究を進めています。

ヤクルト本社 ヨーロッパ研究所

設立:2005年5月
所在地:ベルギー・ゲント市 テクノロジーパーク内
    バイオインキュベーター1階

設立目的

  • ・ヨーロッパでの研究基盤の確立
  • ・ヨーロッパの人々を対象とした腸内フローラの研究
  • ・今後の国際事業の発展に向けた科学的データの蓄積

研究領域

プロバイオティクス飲用による腸内フローラや腸管機能に対する効果についての研究

C-10_P03.jpg
腸管組織の顕微鏡観察
C-10_P02.jpg
次世代シークエンサー