NEWS

健腸長寿③「腸のミクロの住人たち」を追加しました

人が生きていくうえで大切な働きを担う腸。まさに私たちの健康の要と言える器官です。

>>more

免疫②「さまざまな要因で低下するNK活性」を追加しました。

がん細胞やウイルスに感染した細胞を攻撃するNK細胞の強さはNK活性と呼ばれ、免疫力の指標のひとつとされています。

>>more

"ヤクルト中央研究所" リニューアルのお知らせ

 学び舎サイト"ヤクルト中央研究所"がリニューアルオープンしました。
 ここでは、科学に根ざした正しい情報をお伝えすることで「健康な明日」をお届けしたいと考えています。

>>more

世界一ちいさなヤクルトの研究所!?

 ヤクルトの研究所が新しくなったというニュースを乳酸菌にも知ってもらいたい。
 そんな想いから、ちいさな乳酸菌のために、ちいさな研究所を本当につくってしまいました。

>>more

TIME LINE

明日の学びに役立つヤクルト中央研究所からの発信

ABOUT

2016年9月23日ニュースリリース:

2016年9月23日ニュースリリース:

乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取が通年性アレルギー性鼻炎症状を改善…

乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取が通年性アレルギー性鼻炎症状を改善

健腸長寿③:腸のミクロの住人たち

健腸長寿③:腸のミクロの住人たち

 私たちの健康の要である「腸」には、肉眼では見えない小さな生き物がすんでいます。その正体は「腸内細菌」。1個あたり1マイクロメートル程の大きさです。

 個々の細菌はバラバラにすむのではなく、互いに影響を及ぼし合いながら集団をつくって生息しています。この集団は、「腸内フローラ(腸内の叢の意)」…

 私たちの健康の要である「腸」には、肉眼では見えない小さな生き物がすんでいます。その正体は「腸内細菌」。1個あたり1マイクロメートル程の大きさです。

 個々の細菌はバラバラにすむのではなく、互いに影響を及ぼし合いながら集団をつくって生息しています。この集団は、「腸内フローラ(腸内の叢の意)」と呼ばれています。人の腸にすむ細菌は、約1,000種類、数にして100兆個にのぼることがわかってきました。100兆個という数はなかなか想像がつきませんが、これらを全て並べると、地球2周半もの長さになるといわれています。

 ところで人の消化管にすむ菌はどこからやってくるかご存知ですか?人は胎内で無菌の状態で育ちますが、誕生時に母親や周辺環境から細菌をもらい、それらが腸内フローラを形成すると考えられています。そして、人と腸内フローラは切っても切れない関係にあります。

免疫②:さまざまな要因で低下するNK活性

免疫②:さまざまな要因で低下するNK活性

 免疫指標のひとつであるNK活性はさまざまな要因によって影響を受けることが知られています。例えば「加齢」や「生活習慣」、特に喫煙や偏った食生活、運動不足などの「悪い」生活習慣がNK活性を低下させることがよく知られています。

 さまざまな要因で変動するNK活性ですが、その活性が低い人では発がん…

 免疫指標のひとつであるNK活性はさまざまな要因によって影響を受けることが知られています。例えば「加齢」や「生活習慣」、特に喫煙や偏った食生活、運動不足などの「悪い」生活習慣がNK活性を低下させることがよく知られています。

 さまざまな要因で変動するNK活性ですが、その活性が低い人では発がん率の高いことが大規模な疫学調査で明らかになっています。

 それでは、NK活性を高めるためにはどうしたら良いのでしょうか?

NK活性を高めるためには、まず生活習慣の見直しが大切です。例えば、睡眠や適度な運動など、無理なく続けられることから取り組むことが第一歩です。もちろんたばこは控え、お酒も程々にすることが肝要です。そして、最近の研究結果では、乳酸菌の中にNK活性を高める効果をもつものが報告されています。

日本乳酸菌学会2016年度大会

日本乳酸菌学会2016年度大会

開催日:2016/7/9〜2016/7/10

1)乳幼児期における腸内フローラ形成に関与する環境因子…

開催日:2016/7/9〜2016/7/10

1)乳幼児期における腸内フローラ形成に関与する環境因子

東京大学公開市民講座 「アジアの食と文化から考える腸内細菌と前立腺がん」

東京大学公開市民講座 「アジアの食と文化から考える…

開催日:2016/7/31

1)腸内細菌とは何? ─腸内細菌のコントロールはどのようにしたらよいか?─…

開催日:2016/7/31

1)腸内細菌とは何? ─腸内細菌のコントロールはどのようにしたらよいか?─

新薬理学セミナー2016

新薬理学セミナー2016

開催日:2016/7/9

1)腸内細菌叢の構成と機能…

開催日:2016/7/9

1)腸内細菌叢の構成と機能

TIME LINE

ABOUT

ヤクルト中央研究所について

基盤研究所

基盤研究所

 基盤研究所は、腸内細菌と宿主の生理機能との関わり合いを解明することにより、「健腸長寿」の科学的根拠を立証し、製品素材の予防医学的価値を生み出すことで、ヤクルト独自の開発研究を根底から支えています。…

 基盤研究所は、腸内細菌と宿主の生理機能との関わり合いを解明することにより、「健腸長寿」の科学的根拠を立証し、製品素材の予防医学的価値を生み出すことで、ヤクルト独自の開発研究を根底から支えています。

研究所の主な成果

研究所の主な成果

 研究拠点を京都から東京都・国立市に移転した1967年以降の主な研究成果をご紹介します。…

 研究拠点を京都から東京都・国立市に移転した1967年以降の主な研究成果をご紹介します。

中央研究所の概要

中央研究所の概要

 ヤクルト中央研究所は、「予防医学にもとづき、有用微生物を利用して、生体調節機能をもった食品、医薬品、化粧品の開発を通じて企業理念の実現を果たす。」をテーマとし、ヤクルトグループの企業理念である「生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。」の実現を目指します。…

 ヤクルト中央研究所は、「予防医学にもとづき、有用微生物を利用して、生体調節機能をもった食品、医薬品、化粧品の開発を通じて企業理念の実現を果たす。」をテーマとし、ヤクルトグループの企業理念である「生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。」の実現を目指します。