NEWS

腸内フローラ②:腸内フローラと健康との関わり

いまや世界中の多くの研究者の関心事となった腸内フローラ。
そのきっかけを作ったのは、アメリカのワシントン大学のゴードン博士らが行った、腸内フローラが肥満に影響するという研究です。

>>more

身近な感染症:食中毒編①

食中毒とは、有害・有毒な微生物や化学物質、自然毒などが食品や飲料水を通じて体内に入り、腹痛や下痢、嘔吐、発熱などの症状を起こすことを言います。
食中毒の原因はさまざまですが、9割は微生物(細菌やウイルス)です。

>>more

菌の図鑑がリニューアルされました

「菌の図鑑」では、私たちの身のまわりに存在する菌の中から、ヤクルトの研究領域に関わりを持つ菌や、最新の研究により明らかとなった菌をピックアップして紹介しています。

>>more

健腸長寿⑤:腸内フローラのバランスをくずす要因

人の腸内には、健康の維持増進に関わる乳酸桿菌やビフィズス菌のような有用菌ばかりではなく、体をむしばみ病気の原因となる有害菌もすんでいます。

>>more

TIME LINE

明日の学びに役立つヤクルト中央研究所からの発信

ABOUT

腸内フローラ②:腸内フローラと健康との関わり

腸内フローラ②:腸内フローラと健康との関わり

 いまや世界中の多くの研究者の関心事となった腸内フローラ。そのきっかけを作ったのは、アメリカのワシントン大学のゴードン博士らが行った、腸内フローラが肥満に影響するという研究です。ゴードン博士らは、肥満のヒトの腸内フローラには、余分な脂肪の蓄積を抑える短鎖脂肪酸を作り出す「バクテロイデテス門」に属する…

 いまや世界中の多くの研究者の関心事となった腸内フローラ。そのきっかけを作ったのは、アメリカのワシントン大学のゴードン博士らが行った、腸内フローラが肥満に影響するという研究です。ゴードン博士らは、肥満のヒトの腸内フローラには、余分な脂肪の蓄積を抑える短鎖脂肪酸を作り出す「バクテロイデテス門」に属する腸内細菌が少ないことを報告しました。
 また、カナダのマクマスター大学のプレミシル・ベルチック博士は、活発なマウスの腸内フローラを臆病なマウスに移植すると、警戒心が下がる一方で、逆のケースでは活発だったマウスの警戒心が高まるという、腸内フローラと性格との関連を示す研究例を報告しています。
 さらに、がん研究会有明病院では、病院を受診した患者の便から新種の腸内細菌を発見し、この菌ががんを引き起こすことを突き止めました。
 いままで想像もし得なかった疾病や健康状態と腸内フローラの関わりが解明されつつあるのです。

日経BP社主催 第15期バイオファイナンスギルド第8回セミナー

日経BP社主催 第15期バイオファイナンスギルド第…

開催日:2017/03/24 〜2017/03/24

1)ノトバイオート動物を使った腸内フローラの機能解析…

開催日:2017/03/24 〜2017/03/24

1)ノトバイオート動物を使った腸内フローラの機能解析

第42回日本脳卒中学会学術集会

第42回日本脳卒中学会学術集会

開催日:2017/3/16〜2017/3/19

1)糖尿病マウスにおける腸内細菌叢の異常と急性期脳梗塞巣の組織障害…

開催日:2017/3/16〜2017/3/19

1)糖尿病マウスにおける腸内細菌叢の異常と急性期脳梗塞巣の組織障害

身近な感染症:食中毒編①

身近な感染症:食中毒編①

 食中毒とは、有害・有毒な微生物や化学物質、自然毒などが食品や飲料水を通じて体内に入り、腹痛や下痢、嘔吐、発熱などの症状を起こすことを言います。食中毒の原因の9割は微生物(細菌やウイルス)です。高温多湿となる梅雨期から夏場にかけては細菌性食中毒が多発します。細菌性食中毒には、感染型と毒素型の2種類が…

 食中毒とは、有害・有毒な微生物や化学物質、自然毒などが食品や飲料水を通じて体内に入り、腹痛や下痢、嘔吐、発熱などの症状を起こすことを言います。食中毒の原因の9割は微生物(細菌やウイルス)です。高温多湿となる梅雨期から夏場にかけては細菌性食中毒が多発します。細菌性食中毒には、感染型と毒素型の2種類があります。
 一般的に下記の食中毒予防の三原則が肝心とされています。
1.つけない(洗浄、消毒)
 食品や食材についた細菌が手や調理器具を介してほかの食品や食材を汚染することを防ぎます。
2.ふやさない(冷却、迅速な調理)
 細菌は低温では増えにくい、という性質があるので、食品や食材をなるべく低温で保存します。また、細菌が増える前に食べれば、食中毒の発生を抑えることができます。
3.やっつける(加熱など)
 細菌は高温の過熱に弱いものがほとんどです。ただし、加熱の温度と時間との調節により完全に汚染細菌を失活させることが肝心です。 

第2回造血幹細胞移植患者の味覚障害と栄養管理セミナー

第2回造血幹細胞移植患者の味覚障害と栄養管理セミナ…

開催日:2017/02/04〜2017/02/04

1) 腸内細菌と健康・疾患:プロバイオティクスとその食品の臨床現場での応用…

開催日:2017/02/04〜2017/02/04

1) 腸内細菌と健康・疾患:プロバイオティクスとその食品の臨床現場での応用

第40回神奈川県栄養改善学会

第40回神奈川県栄養改善学会

開催日:2017/02/28〜2017/02/28

1)乳酸菌はっ酵果汁飲料によるアレルギー緩和効果 ~乳酸菌LP0132の挑戦~(ランチョンセミナー)…

開催日:2017/02/28〜2017/02/28

1)乳酸菌はっ酵果汁飲料によるアレルギー緩和効果 ~乳酸菌LP0132の挑戦~(ランチョンセミナー)

TIME LINE

ABOUT

ヤクルト中央研究所について

基盤研究所

基盤研究所

 基盤研究所は、腸内細菌と宿主の生理機能との関わり合いを解明することにより、「健腸長寿」の科学的根拠を立証し、製品素材の予防医学的価値を生み出すことで、ヤクルト独自の開発研究を根底から支えています。…

 基盤研究所は、腸内細菌と宿主の生理機能との関わり合いを解明することにより、「健腸長寿」の科学的根拠を立証し、製品素材の予防医学的価値を生み出すことで、ヤクルト独自の開発研究を根底から支えています。

研究所の主な成果

研究所の主な成果

 研究拠点を京都から東京都・国立市に移転した1967年以降の主な研究成果をご紹介します。…

 研究拠点を京都から東京都・国立市に移転した1967年以降の主な研究成果をご紹介します。

中央研究所の概要

中央研究所の概要

 ヤクルト中央研究所は、「予防医学にもとづき、有用微生物を利用して、生体調節機能をもった食品、医薬品、化粧品の開発を通じて企業理念の実現を果たす。」をテーマとし、ヤクルトグループの企業理念である「生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。」の実現を目指します。…

 ヤクルト中央研究所は、「予防医学にもとづき、有用微生物を利用して、生体調節機能をもった食品、医薬品、化粧品の開発を通じて企業理念の実現を果たす。」をテーマとし、ヤクルトグループの企業理念である「生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します。」の実現を目指します。