NEWS

「代田記念館」見学の一時中止のお知らせ

新型コロナウイルス等の国内の感染拡大防止のため、3月2日(月)から当面の間、見学を中止とさせていただきます。
すでに2月21日(金)から、新規の受け付けは行っておりません。
見学ご希望の皆さまには大変申し訳ございませんが、ご理解のほど、よろしくお願い申しあげます。
なお、再開が決まりましたら、当ホームページにてお知らせいたします。

>>more

脳腸相関⑤を追加しました

「特集コンテンツ」に新たな記事を追加しました

脳腸相関⑤:乳酸菌が脳腸相関に及ぼす影響(後編)

>>more

脳腸相関④を追加しました

脳腸相関④:乳酸菌が脳腸相関に及ぼす影響(前編)

>>more

脳腸相関③を追加しました

「特集コンテンツ」に新たな記事を追加しました

脳腸相関③:脳腸相関は腸内細菌なしには語れない?!

>>more

TIME LINE

明日の学びに役立つヤクルト中央研究所からの発信

ABOUT

脳腸相関⑤:乳酸菌が脳腸相関に及ぼす影響(後編)

脳腸相関⑤:乳酸菌が脳腸相関に及ぼす影響(後編)

 ストレスは、「睡眠の質」を低下させる要因の一つとして知られており、ストレス社会の現代において睡眠障害も社会問題となっています。睡眠は心身の健康維持に重要です。十分な睡眠時間の確保はもちろんですが、より重要なのが「睡眠の質」にあると言われています。

 睡眠の質は、脳波測定により客観的に把握でき、脳…

 ストレスは、「睡眠の質」を低下させる要因の一つとして知られており、ストレス社会の現代において睡眠障害も社会問題となっています。睡眠は心身の健康維持に重要です。十分な睡眠時間の確保はもちろんですが、より重要なのが「睡眠の質」にあると言われています。

 睡眠の質は、脳波測定により客観的に把握でき、脳波の波形から睡眠の深さを知ることができます。質の良い睡眠には、睡眠を構成する「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の周期的なリズムが大事と言われます。また、眠りに落ちて最初に訪れる最も深い睡眠の長さ(熟眠時間)とこの時に出現する「デルタ波」の量(デルタパワー)が睡眠の質を決めるとされ、睡眠研究の評価に利用されています。

 前話での「L.カゼイ・シロタ株」のストレス緩和作用と同様に、一時的な精神的ストレス状況下の医学部生を対象に睡眠に対する影響も調べました。その結果、L.カゼイ・シロタ株を1本100mlに1000億個含む飲料の継続飲用によって、一時的な精神的ストレス状況下における睡眠の質の向上が認められました。

脳腸相関④:乳酸菌が脳腸相関に及ぼす影響(前編)

脳腸相関④:乳酸菌が脳腸相関に及ぼす影響(前編)

 ストレスによる心身の不調は、健康な人にも日常的に起こりうることです。重要な会議で発表をするなど、期日に向けた準備の中で焦りや不安といった一時的なストレスを感じたことはありませんか。

 ここぞという場面で一時的なストレスによる心身の不調によって最高のパフォーマンスを発揮できないことは、その人自身の…

 ストレスによる心身の不調は、健康な人にも日常的に起こりうることです。重要な会議で発表をするなど、期日に向けた準備の中で焦りや不安といった一時的なストレスを感じたことはありませんか。

 ここぞという場面で一時的なストレスによる心身の不調によって最高のパフォーマンスを発揮できないことは、その人自身の生活の質(QOL)の低下にもつながります。

 近年、脳腸相関研究の進展により、日常的に起こりうる一時的なストレスに対し、腸を起点としたアプローチが注目されつつあり、手軽に利用できるプロバイオティクスを一時的な精神的ストレスがかかる状況にある人のQOL向上に役立てようとする研究が行われました。

 この研究では、学術試験を控え、一時的なストレスがかかっている医学部生に「L.カゼイ・シロタ株」を1本100mlに1000億個含む飲料を継続飲用してもらったところ、ストレスの緩和作用が認められました。

脳腸相関③:脳腸相関は腸内細菌なしには語れない?!

脳腸相関③:脳腸相関は腸内細菌なしには語れない?!

 脳と腸は常に情報を交換し合い、互いに影響を及ぼし合う「脳腸相関」と言われる関係にありますが、近年、これに腸にすみつく腸内細菌が影響を及ぼしていることが分かってきました。現在、脳腸相関は「脳‐腸‐腸内細菌相関」という新しい概念に進化してきています。

 腸内細菌は脳腸相関の悪循環が原因とされる「過敏…

 脳と腸は常に情報を交換し合い、互いに影響を及ぼし合う「脳腸相関」と言われる関係にありますが、近年、これに腸にすみつく腸内細菌が影響を及ぼしていることが分かってきました。現在、脳腸相関は「脳‐腸‐腸内細菌相関」という新しい概念に進化してきています。

 腸内細菌は脳腸相関の悪循環が原因とされる「過敏性腸症候群(IBS)」に関与する可能性も示されてきており、今や脳腸相関をより深く理解するために腸内細菌は無視できない存在と言えます。

 腸内細菌の脳への影響のメカニズムについてはさまざまな角度から研究が進められていますが、最近の研究で、腸内細菌が脳と腸を結ぶ「迷走神経」を刺激し、脳に影響を及ぼしていることが分かってきました。また、この考えを応用し、腸内フローラのバランスを改善する乳酸菌などのプロバイオティクスを心身の不調の改善に役立てようとする研究も行われています。

乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取が、スギ花粉症症状を軽減し、過剰なアレルギー反応を制御する細胞(制御性T細胞)の減少を抑制することを確認

乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取が、スギ花粉症症状を軽…

乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取が、スギ花粉症症状を軽減し、過剰なアレルギー反応を制御する細胞(制御性T細胞)の減少を抑制することを確認…

乳酸菌発酵果汁飲料の継続摂取が、スギ花粉症症状を軽減し、過剰なアレルギー反応を制御する細胞(制御性T細胞)の減少を抑制することを確認

脳腸相関②:脳と対話する腸

脳腸相関②:脳と対話する腸

 食べ物を消化して、栄養素を吸収する消化器官として知られている「腸」。

 近年、腸は消化器官としての役割に加え、免疫系、内分泌系、神経系の働きが備わっていること、腸管神経系という独自のネットワークを介して感知したさまざまな情報を処理して脳へ伝達していることが分かってきました。つまり、脳と腸は情報を…

 食べ物を消化して、栄養素を吸収する消化器官として知られている「腸」。

 近年、腸は消化器官としての役割に加え、免疫系、内分泌系、神経系の働きが備わっていること、腸管神経系という独自のネットワークを介して感知したさまざまな情報を処理して脳へ伝達していることが分かってきました。つまり、脳と腸は情報を交換しあっている、言い換えれば、対話をしているのです。

 脳と腸の情報交換のうち、特に腸から脳への情報伝達のルートとして注目されているのが迷走神経です。腸は迷走神経を介して脳に多くの情報を伝達しており、脳に大きな影響を与えていると考えられています。さらに最新の研究において、この腸から脳に送られる情報に、腸にすみつく微生物の存在が大きく影響を与えることも明らかになりつつあるのです。

脳腸相関①:序章(ストレス社会の健康テーマ、脳腸相関)

脳腸相関①:序章(ストレス社会の健康テーマ、脳腸相…

 現代は「ストレス社会」と言われています。

 ストレスとは、さまざまな外部刺激、あるいはそれにより生じる体や心の変化などを言います。

 体や心にかかる外部刺激はさまざまですが、なかでも多くの現代人を悩ませる外部刺激が、人間関係や仕事上の問題、家庭の問題など日常的に遭遇する心理的・社会的要因があげ…

 現代は「ストレス社会」と言われています。

 ストレスとは、さまざまな外部刺激、あるいはそれにより生じる体や心の変化などを言います。

 体や心にかかる外部刺激はさまざまですが、なかでも多くの現代人を悩ませる外部刺激が、人間関係や仕事上の問題、家庭の問題など日常的に遭遇する心理的・社会的要因があげられます。このような外部刺激を受けると、私たちは身を守るための防御反応として、ドキドキする、汗をかくなど、体と心に変化が生じます。ストレスは、その状態が長く続いたり、さらに強い外部刺激を受けたりすると、頭痛や腹痛といった体の不調や、精神疾患などの心の不調を引き起こす場合があります。

 近年、脳の状態が腸の機能に影響を及ぼすだけでなく、腸の状態が脳すなわち心の状態にも影響を及ぼしていることが分かってきました。この脳と腸の関係を「脳腸相関」と言い、ストレスにさらされることの多い現代において、メンタルヘルスを考えるうえで注目されています。

TIME LINE

ABOUT

ヤクルト中央研究所について

基盤研究所

基盤研究所

 基盤研究所は、腸内細菌と宿主の生理機能との関わり合いを解明することにより、「健腸長寿」の科学的根拠を立証し、製品素材の予防医学的価値を生み出すことで、ヤクルト独自の開発研究を根底から支えています。…

 基盤研究所は、腸内細菌と宿主の生理機能との関わり合いを解明することにより、「健腸長寿」の科学的根拠を立証し、製品素材の予防医学的価値を生み出すことで、ヤクルト独自の開発研究を根底から支えています。

微生物研究所

微生物研究所

 微生物研究所では、微生物の研究に特化し、未だ明らかにされていない生理機能の解明を行うとともに、新たな有用微生物の資源化と製品開発への応用を行っています。

 また、製品を安定的に製造するために必要不可欠な種菌供給も重要な使命です。…

 微生物研究所では、微生物の研究に特化し、未だ明らかにされていない生理機能の解明を行うとともに、新たな有用微生物の資源化と製品開発への応用を行っています。

 また、製品を安定的に製造するために必要不可欠な種菌供給も重要な使命です。

主な研究成果

主な研究成果

 研究拠点を京都から東京都・国立市に移転した1967年以降の主な研究成果をご紹介します。…

 研究拠点を京都から東京都・国立市に移転した1967年以降の主な研究成果をご紹介します。