菌の図鑑

私たちのくらしの中で息づく、菌たちの素顔を覗いてみませんか?

スラッキア ピリフォルミス

スラッキア ピリフォルミス
学名 Slackia piriformis
分類 Actinobacteria 門 Actinobacteria 綱
Coriobacteriales 目 Coriobacteriaceae 科
形状 桿菌
分布 ヒトの腸内
発見 2010年
発見者 長井ら(ヤクルト中央研究所)

菌の特徴

 スラッキア ピリフォルミスは、偏性嫌気性※1のグラム陽性菌※2で、芽胞※3をつくらず運動性を持たない菌です。 菌体の大きさは0.4~1.1×0.9~2.6マイクロメートルです。菌体の形は、不定形な西洋ナシ型でかつ鎖のように長く繋がっています。その繋がり方もさまざまで、数個が真っ直ぐ繋がったり、くねくねと歪みながら長く繋がっているものもあります。また、この菌は糖を資化する能力を持っていないことから、腸内でどのような栄養源を得て生育しているのかは不明です。

西洋ナシを連想して命名

 菌種名のピリフォルミスは、この菌の形が西洋ナシに似ている事から、 "pear form(西洋ナシの形)"を意味するラテン語"pirum formis"に由来して命名しました。

系統解析から

 系統解析の結果から、本菌はスラッキア属の新菌種であることが分かりました。スラッキア属とは、それまでペプトストレプトコッカス(Peptostreptococcus )属とユーバクテリウム(Eubacterium )属とされていた2菌種がウェイドらによって1999年に再分類されて新しく提唱された属です。

 従来、細菌の分類は生物・生化学性状を基本に行われていましたが、近年ではこれに代わり、16SrRNA遺伝子※4配列を指標として系統的に分類されてきています。そのために、菌名が修正されるものが次々と出てきました 。このスラッキア属もそのようにして再分類されたひとつです。

出典

Nagai F et al.Slackia piriformis sp. nov. and Collinsella tanakaei sp. nov., novel members of the family Coriobacteriaceae, isolated from human faeces.International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology. 60(11):2639-2646(2010)

注釈

※1 偏性嫌気性菌 : 特に酸素を嫌う性質の菌。

※2 グラム陽性/陰性 : 細菌を色素で染色し、それにより細菌を分類する基準のひとつ。紫色に染まるものは陽性、紫色に染まらず赤く見えるものは陰性と区別される。染色の違いは細胞壁の構造の違いによる。

※3 桿菌(かんきん) : 棒状または円筒形の細菌の総称。

※4 16SrRNA : 細胞内でタンパク質合成を担うリボソーム中に含まれる核酸(RNA)のこと。この核酸の塩基配列は菌種ごとに異なるため、その配列を調べることで菌の分類・同定を行うことができる。また、その配列は特定の菌種の検出・定量にも利用されている。

“スラッキア ピリフォルミス”の関心度

「スラッキア ピリフォルミス」の関心度を過去90日間のページビューを元に集計しています。

3か月前

今日

菌の図鑑関心度ランキング