菌の図鑑

私たちのくらしの中で息づく、菌たちの素顔を覗いてみませんか?

バクテロイデス クラルス

バクテロイデス クラルス
学名 Bacteroides clarus
分類 Bacteroidetes 門 Bacteroidia 綱
Bacteroidales 目 Bacteroidaceae 科
形状 桿菌
分布 ヒトの腸内
発見 2010年
発見者 渡邊ら(ヤクルト中央研究所)

菌の特徴

 バクテロイデス属の細菌は、ヒト腸内における最優勢菌群の1つです。2010年、バクテロイデス属の新菌種を3株分離しました。そのうちの1つであるバクテロイデス クラルスは、偏性嫌気性※1のグラム陰性※2桿菌※3で、菌体の大きさは0.5~1.0× 0.7~2.9マイクロメートルです。芽胞※4を作らず、また運動性を持ちません。グルコースを代謝すると、乳酸、酢酸、コハク酸を作ります。

真珠のように輝くコロニー

 細菌を寒天培地で培養すると、コロニーが形成されます。縁にゴツゴツとした凹凸があるコロニーを作る菌種や、表面がつるっとなめらかなコロニーを作る菌種など、コロニーの色や形状は菌種によってさまざまです。バクテロイデス クラルスの場合、コロニーの表面がつるっと滑らかで、真珠のように乳白色に輝いていました。そこで、コロニー形状にちなんで「輝いている」という意味のラテン語からクラルスと命名しました。

 余談ですが、希釈した糞便を寒天培地に塗抹して培養すると、白や黄色やピンク、大きなものや小さなもの、表面が滑らかなものや波打ってゴワゴワしたものなど、非常に多様なコロニーが形成されます。これらを眺めていると、腸内細菌叢が多様な植物の群生している様子(フローラ)に例えられていることを実感できます。

出典

Watanabe Y et al.Bacteroides clarus sp. nov., Bacteroides fluxus sp. nov. and Bacteroides oleiciplenus sp. nov., isolated from human faeces.International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology. 60(8):1864-1869(2010)

注釈

※1 偏性嫌気性菌 : 特に酸素を嫌う性質の菌。

※2 グラム陽性/陰性 : 細菌を色素で染色し、それにより細菌を分類する基準のひとつ。紫色に染まるものは陽性、紫色に染まらず赤く見えるものは陰性と区別される。染色の違いは細胞壁の構造の違いによる。

※3 桿菌(かんきん) : 棒状または円筒形の細菌の総称。

※4 芽胞(がほう) : 胞子と同じ意味。細菌学の分野ではこの呼び方が多い。

“バクテロイデス クラルス”の関心度

「バクテロイデス クラルス」の関心度を過去90日間のページビューを元に集計しています。

3か月前

今日

菌の図鑑関心度ランキング