菌の図鑑

私たちのくらしの中で息づく、菌たちの素顔を覗いてみませんか?

クロストリジウム パーフリンジェンス

クロストリジウム パーフリンジェンス
学名 Clostridium perfringens
分類 Firmicutes 門 Clostridia 綱
Clostridiales 目 Clostridiaceae 科
通称 ウェルシュ菌
形状 桿菌
分布 ヒト、動物の腸内、土壌
発見 1892年
発見者 IW. H. ウェルチ(ドイツ)

ウェルシュ菌とは

 ウェルシュ菌は、1892年にウェルチにより初めて分離され、バチルス アエロジェネス カプスラータと名付けられました。その後の学名の変遷を経て、現在はクロストリジウム パーフリンジェンス(破壊するの意)として登録されていますが、発見者の名にちなんでウェルシュ菌とも呼ばれています。ウェルシュ菌は、偏性嫌気性※1のグラム陽性※2有芽胞※3桿菌※4(大きさ0.9~1.3×3.0~9.0マイクロメートル)です。クロストリジウム細菌の中では珍しく鞭毛※5を持たない非運動性の菌で、また細胞壁外側には病原性に関与する莢膜※6と呼ばれる膜を形成します。

ウェルシュ菌の病原性

 ウェルシュ菌は12種類もの毒素または酵素を作り出し、それらによりガス壊疽※7や食中毒といった病気を引き起こすことが知られています。ウェルシュ菌による食中毒は、菌が腸管内で大量に増殖し、エンテロトキシンと呼ばれる毒素を放出することにより引き起こされます。ウェルシュ菌は、下水、河川、海、土壌など、環境中に広く分布しているため食品や調理器具に混入しやすいこと、また芽胞※3状態の菌は簡単な加熱処理では十分に殺菌されないことが、食中毒を誘発する原因と考えられています。

老化およびがんとの関連性

 このような病原性を示すウェルシュ菌ですが、ヒトの腸内にも常在菌として生息しており、その検出率は加齢とともに増加することが認められています。ウェルシュ菌は、ヒトの体内に栄養素として取り込まれたたんぱく質を腐敗させ、さまざまな有害物質を産生することから、老化や発がんなどへの関与も疑われています。

注釈

※1 偏性嫌気性菌 : 特に酸素を嫌う性質の菌。

※2 グラム陽性/陰性 : 細菌を色素で染色し、それにより細菌を分類する基準のひとつ。紫色に染まるものは陽性、紫色に染まらず赤く見えるものは陰性と区別される。染色の違いは細胞壁の構造の違いによる。

※3 芽胞(がほう) : 胞子と同じ意味。細菌学の分野ではこの呼び方が多い。

※4 桿菌(かんきん) : 棒状または円筒形の細菌の総称。

※5 鞭毛(べんもう) : 毛状の細胞小器官。運動に必要な推進力を生み出すことが主な役目。

※6 莢膜(きょうまく) : 細菌の表面を覆う粘性・膠状(こうじょう)の厚い膜。多糖類などからなり、菌体を保護する。

※7 ガス壊疽(えそ) : ひどい怪我などでウェルシュ菌が皮下に入り込みガスを発生しながら筋肉などの壊疽をおこす。ウェルシュ菌は酸素を嫌うため、高圧酸素療法が補助的な治療法として使われる場合がある。

“クロストリジウム パーフリンジェンス”の関心度

「クロストリジウム パーフリンジェンス」の関心度を過去90日間のページビューを元に集計しています。

3か月前

今日

菌の図鑑関心度ランキング