菌の図鑑

私たちのくらしの中で息づく、菌たちの素顔を覗いてみませんか?

バクテロイデス オレイシプレヌス

バクテロイデス オレイシプレヌス
学名 Bacteroides oleiciplenus
分類 Bacteroidetes 門 Bacteroidia 綱
Bacteroidales 目 Bacteroidaceae 科
形状 桿菌
分布 ヒトの腸内
発見 2010年
発見者 渡邊ら(ヤクルト中央研究所)

菌の特徴

 2010年に分離したバクテロイデス属細菌の1つであるバクテロイデス オレイシプレヌスは、偏性嫌気性※1のグラム陰性※2桿菌※3で、菌体の大きさは1.0~1.9 ×1.4~55マイクロメートルです。芽胞※4を作らず、また運動性を持ちません。グルコースを代謝すると、酢酸、コハク酸、ギ酸、乳酸を作ります。分子生物学的手法を用いた解析の結果、ラットの糞便中にも恐らく同種の細菌が存在することが示唆されています。

菌体にはオレイン酸が豊富

 細菌の細胞膜の主な構成成分は脂肪酸であり、また菌種によって脂肪酸の組成パターンは異なります。つまり、どのような種類の脂肪酸が、どれくらいの割合で菌体内に存在するのかということは、菌種を分類する際に1つの目安となります。バクテロイデス オレイシプレヌスの場合は、バクテロイデス属の他の菌種よりもオレイン酸が多く含まれていました。そこで「オレイン酸が豊富」という意味のラテン語からオレイシプレヌスと命名ました。

出典

Watanabe Y et al.Bacteroides clarus sp. nov., Bacteroides fluxus sp. nov. and Bacteroides oleiciplenus sp. nov., isolated from human faeces.International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology. 60(8):1864-1869(2010)

注釈

※1 偏性嫌気性菌 : 特に酸素を嫌う性質の菌。

※2 グラム陽性/陰性 : 細菌を色素で染色し、それにより細菌を分類する基準のひとつ。紫色に染まるものは陽性、紫色に染まらず赤く見えるものは陰性と区別される。染色の違いは細胞壁の構造の違いによる。

※3 桿菌(かんきん) : 棒状または円筒形の細菌の総称。

※4 芽胞(がほう) : 胞子と同じ意味。細菌学の分野ではこの呼び方が多い。


“バクテロイデス オレイシプレヌス”の関心度

「バクテロイデス オレイシプレヌス」の関心度を過去90日間のページビューを元に集計しています。

3か月前

今日

菌の図鑑関心度ランキング