健康用語の基礎知識

今、気になる健康用語

INDEX - 索引

[あ行]
アグリコン
アトピー性皮膚炎
アルコール性肝障害
RT-PCR
α-グルコシダーゼ阻害
アレルギー
アンチエイジング
アンチバイオティクス
アントシアニン
胃酸
萎縮性胃炎
イソフラボン
遺伝子変異
胃不定愁訴
インスリン抵抗性
院内感染
インフルエンザ
ウレアブレステスト(尿素呼気試験)
エコール
NST(Nutrition Support Team)
NK細胞
MRSA
塩酸イリノテカン
炎症性腸疾患
オキサリプラチン
オープン試験・ランダム化試験
[か行]
過敏性腸症候群
ガラクトオリゴ糖
がん幹細胞
環境ホルモン
感染性合併症
GABA(γ-アミノ酪酸)
機能性消化管障害
機能性ディスペプシア
強化培養
共生、宿主
グァバ葉ポリフェノール
クロレラ
ゲノム解析
下痢
抗菌ペプチド
高血圧
抗原・抗体
抗酸化
抗生物質(抗菌薬)耐性菌
コルチゾール
コレステロール
[さ行]
SIRS
SARS
サイトカイン
細胞壁多糖
自己免疫疾患
脂質異常症(高脂血症)
歯周病
自然免疫
樹状細胞
硝化細菌
上気道感染症(かぜ症候群)
食中毒
食物繊維
シンバイオティクス
上部消化管
整腸作用
セグメント細菌
染色体異常
前立腺がん
[た行]
大腸がん
大腸ポリープ
多剤耐性菌
多糖 -ペプチドグリカン複合体
短鎖脂肪酸
胆道がん
胆汁酸
腸管出血性大腸菌
腸管免疫
腸内常在菌
腸内フローラ
T細胞
低出生体重児
適応(獲得)免疫
ディスバイオシス
糖代謝異常
豆乳・発酵豆乳
糖尿病
TOSムピロシン培地
Toll様受容体
トランスグルタミナーゼ
[な行]
難培養菌
乳がん
乳酸菌
脳腸相関
ノロウイルス
[は行]
敗血症
バクテリアルトランスロケーション
肌の老化
パイロシークエンス(パイロシークエンシング)法
ヒアルロン酸
B細胞
PCR
微生物の垂直伝播
微生物の水平伝播
ビフィズス菌
皮膚バリア機能
肥満
表在性膀胱がん
日和見感染症
ピロリ菌
フェノール類
フコイダン
プラセボ
ブリストル便性状スケール(BSスコア)
プレバイオティクス
プロテオーム
プラセボ対照二重遮蔽二群並行試験
プロバイオティクス
ペプシノゲン
便秘
放射能
ポストゲノム
ホスファチジルセリン
[ま行]
マイクロアレイ
マクロファージ
メタゲノム解析
メタボリックシンドローム
免疫
モノクローナル抗体
[や行]
薬物相互作用
予防医学
[ら行]
ラメラ構造脂質
[わ行]

腸内フローラ

 ヒトの腸管内では多種・多様な細菌が絶えず増殖を続けています。これらは腸内細菌と呼ばれ、個々の菌が集まって複雑な微生物生態系を構築しています。この微生物群集を「腸内フローラ」または「腸内細菌叢」と呼んでいます。フローラ(Flora)は分類学の用語で植物群集を指しますが、かつては細菌が植物の中に分類されていたためです。また、ギリシア神話の花の女神をも意味しています。腸内細菌の数はおよそ100兆個、その種類は一人あたり数百種にのぼり、その構成は食習慣や年齢などによって一人ひとり異なっています。

 この腸内フローラは、ヒトに対して様々な生理作用を有しています。有用な作用として、病原菌の定着阻害、免疫系の活性化、ビタミンの産生などが挙げられ、有害な作用として、腐敗産物や発がん物質の産生、各種腸疾患へ関与が挙げられます。

 このように、腸内フローラはヒトの健康と密接な関係があります。ヒトに有用な働きをする菌を優勢に、ヒトに有害な働きをする菌を劣勢に保つことが、私たちの健康管理の上で大切であると言えるでしょう。

“腸内フローラ”の関心度

「腸内フローラ」の関心度を過去90日間のページビューを元に集計しています。

3か月前

今日

関連論文

TITLE Analysis of Human Intestinal Flora - 16S rDNA- Clone Library - タイトル 腸内フローラの構造解析−16S rDNA-クローンライブラリー法−
AUTHOR Junji Fujimoto, Manabu Fukui* 著者 藤本 淳治・福井 学*
JOURNAL Journal of Intestinal Microbiology Vol.19, 47-52, 2005 機関誌 腸内細菌学雑誌 Vol.19, 47-52, 2005
YEAR 2005 CATEGORY 基盤研究/BASIC 
LANGUAGE JPN VIEW
TITLE Use of 16S rRNA Gene-Targeted Group-Specific Primers for Real-Time PCR Analysis of Predominant Bacteria in Human Feces タイトル 菌群特異的プライマーを用いたReal-time PCR法によるヒト腸内フローラ最優勢菌群の解析
AUTHOR Takahiro Matsuki, Koichi Watanabe, Junji Fujimoto, Toshihiko Takada, Ryuichiro Tanaka 著者 松木 隆広・渡辺 幸一・藤本 淳治・高田 敏彦・田中 隆一郎
JOURNAL Applied and Environmental Microbiology Vol.70(12), 7220-7228, 2004 機関誌
YEAR 2004 CATEGORY 基盤研究/BASIC 
LANGUAGE EN VIEW
TITLE Analysis of the Composition of the Intestinal Flora - Fluorescence In Situ Hybridization Method - タイトル 腸内フローラの構造解析−蛍光In Situ ハイブリダイゼーション法−
AUTHOR Toshihiko Takada, Kazumasa Matsumoto, Ryuichiro Tanaka 著者 高田 敏彦・松本 一政・田中 隆一郎
JOURNAL Journal of Intestinal Microbiology Vol.18(2), 141-146, 2004 機関誌 腸内細菌学雑誌 Vol.18(2), 141-146, 2004
YEAR 2004 CATEGORY 基盤研究/BASIC 
LANGUAGE JPN VIEW  

健康用語関心度ランキング