健康用語の基礎知識

今、気になる健康用語

INDEX - 索引

[あ行]
アグリコン
アトピー性皮膚炎
アルコール性肝障害
RT-PCR
α-グルコシダーゼ阻害
アレルギー
アンチエイジング
アンチバイオティクス
アントシアニン
胃酸
萎縮性胃炎
イソフラボン
遺伝子変異
胃不定愁訴
インスリン抵抗性
院内感染
インフルエンザ
ウレアブレステスト(尿素呼気試験)
エコール
SSI( Surgical Site Infection :手術部位感染)
NST(Nutrition Support Team)
NK細胞
MRSA
塩酸イリノテカン
炎症
炎症性腸疾患
オキサリプラチン
オープン試験・ランダム化試験
変異原性
[か行]
角層水分含量
過敏性腸症候群
ガラクトオリゴ糖
がん幹細胞
環境ホルモン
感染性合併症
GABA(γ-アミノ酪酸)
機能性消化管障害
機能性ディスペプシア
強化培養
共生、宿主
グァバ葉ポリフェノール
クラスター解析
クロレラ
グラム陽性(陰性)菌
ゲノム解析
下痢
抗菌ペプチド
高血圧
抗原・抗体
抗酸化
抗生物質(抗菌薬)耐性菌
コルチゾール
コレステロール
[さ行]
SIRS
SARS
サイトカイン
細胞壁多糖
脂質異常症(高脂血症)
歯周病
自然免疫
周術期(周手術期)
樹状細胞
種多様性
硝化細菌
上気道感染症(かぜ症候群)
小胞体ストレス
食中毒
食物繊維
シンバイオティクス
自己免疫疾患
上部消化管
整腸作用
セグメント細菌
染色体異常
前立腺がん
[た行]
大腸ポリープ
多剤耐性菌
多糖 -ペプチドグリカン複合体
短鎖脂肪酸
胆道がん
胆汁酸
大腸がん
腸炎関連大腸がん
腸管出血性大腸菌
腸管免疫
腸内常在菌
腸内フローラ
T細胞
低出生体重児
適応(獲得)免疫
ディスバイオシス
糖代謝異常
豆乳・発酵豆乳
糖尿病
TOSムピロシン培地
Toll様受容体
トランスグルタミナーゼ
[な行]
難培養菌
乳がん
乳酸菌
乳酸菌発酵エキス
脳腸相関
ノロウイルス
[は行]
敗血症
バクテリアルトランスロケーション
肌の老化
パイロシークエンス(パイロシークエンシング)法
p-クレジル硫酸(パラクレジル硫酸、p-クレシル硫酸)
ヒアルロン酸
B細胞
PCR
微生物の垂直伝播
微生物の水平伝播
ヒトミルクオリゴ糖
ビフィズス菌
皮膚バリア機能
肥満
表在性膀胱がん
日和見感染症
ピロリ菌
FISH法( 蛍光 in situ ハイブリダイゼーション法 )
フェノール類
フコイダン
プラセボ
ブリストル便性状スケール(BSスコア)
プレバイオティクス
プロテオーム
分泌型IgA抗体
プラセボ対照二重遮蔽二群並行試験
プロバイオティクス
ペプシノゲン
変異原性
便秘
放射能
ポストゲノム
ホスファチジルセリン
[ま行]
マイクロアレイ
マクロファージ
メタゲノム解析
メタボリックシンドローム
免疫
モノクローナル抗体
[や行]
薬物相互作用
予防医学
[ら行]
ラメラ構造脂質
[わ行]

FISH法( 蛍光 in situ ハイブリダイゼーション法 )

 Fluorescence in situ hybridization法(FISH法)は、蛍光物質をつけたプローブ(標的遺伝子と相補的な塩基配列を有する合成遺伝子)を標的遺伝子と結合させ、蛍光顕微鏡下で可視化する手法です。細菌学分野では、90年代以降、遺伝子情報が公共データベース上に蓄積され、その塩基配列を比較することによって、菌種や菌属などの標的に合わせた種々のプローブが開発されました。FISH法は、プローブと蛍光標識の組み合わせによって、同一視野で複数種の細菌を検出できること(多重染色FISH法と呼ばれる)が特長です。バイオフィルムを形成する細菌、大腸組織の粘膜表面、糞便中のある種の物質に付着する細菌など、特定の場所における細菌の数や種類を解析する手法として適しています。また、FISH法は、他の分子生物学的手法(細菌の遺伝子を利用する検出手法の総称)と同様に培養操作を伴わないため、遺伝子情報さえ入手できれば、今まで培養されたことがない細菌でも検出することが可能です。


ヒト糞便の多重染色FISH画像.jpg

“FISH法( 蛍光 in situ ハイブリダイゼーション法 )”の関心度

「FISH法( 蛍光 in situ ハイブリダイゼーション法 )」の関心度を過去90日間のページビューを元に集計しています。

3か月前

今日

健康用語関心度ランキング